« 国立演芸場9月中席(2010年) | トップページ | Todd Rundgren's Johnson (2010年10月) »

本牧落語五人会(2010年9月25日)

・牛褒め (三遊亭ありがとう)
 平成生まれというありがとうさん、初々しいですが、意外といいですよ、とぼけ方がね。
・厩かじ (馬生)
 髪結いの奥さんと亭主の話。でも奥さんは分かれたくないのよね。
 馬生さんの奥さんは、微妙な色っぽさをかもし出します、わかりますよね、あの風貌ですから。
・さんま火事(吉窓)
 けちんぼうな家主を脅かすために、さんまを焼いて火事のように見せる噺。
 吉窓さんは、落語はともすると注意がそれてしまう感じで私には合わない感じなんですが、一席のあとに、おどりを少し踊ってくださいました。
 このおどりが、とても上手でびっくりしてしまいました。
・貧乏神(馬桜)
 この噺は馬桜さんが三代目・柳家小さん師匠の速記から復活させて演じられたそうですが、とにかくびっくりですよ、これは、芸のある人でないとできない。
 貧乏神を追い出すべく、なんでも陽気なことをやる、唄やおどりや都都逸や、、ということで、馬桜師匠は、座り姿勢での踊りから唄、都都逸、最後は立って踊ってました。
 それだけでもびっくりなのですが、馬桜師匠の落語はテンポが良くて、非常に聴き心地の良いものです。やはり、歳をとるにつれ、技に磨きがかかってさらに熟成されてるという感じでございます。

 中入り

・鮑のし(花いち)
 お披露目興行とのバッティングだった花いちさん、遅れて登場のためこんな位置に。
 たしかに、時々かむし、アラけづりではありますが、だんなさんの言いっぷりなど、なかなかどうして、ところどろが綺羅と光るように思いました。
・反魂香 (正雀)
 「正雀さんは、うまいけど、なんだか寝ちゃうのよねぇ」という義妹の言葉の意味がわかる、正雀さんでした。でも私は寝たのは一瞬ですよ。
 鐘を鳴らすのがうるさい、と文句を言いにいったら、なんと、元奥さんの霊を出しているのだから、しかたない、と。そのためのお香をもらって、自分の元の女房を出すという話。
 そもそも、吉窓さんが踊ったり、馬桜さんが踊ったり唄ったりしたのは、正雀さんのこの演目でおしゃみが入るから、それを有効活用したとのことでした。
・幸せの石(小ゑん)
 唯一の新作でした。演ずるのは2どめ、とのこと。私は、まだまだ新作のよさってのは良くわからないんですが、結構これは面白かったです。
 先輩の岩石おたくをやるときの小ゑんさんの顔が面白すぎかも。
 でも新作の女性は、どうも色気がなくてこまりますねぇ。最近の女性ってのは、噺家さんからはああ見えているんでしょうね。

終演後、馬桜師匠に誘われて、お茶を飲みにいきました。最初は、私が結構しゃべらなければいけないのかと思っていたのですが、どっこい馬桜さんがほとんどしゃべってくださいました。面白かったです。私たち二人で(嵐ともさんといっしょでした)聴くのではもったいない!花いちさんもいっしょに行ったのですが、彼が57年生まれ、って話しをしているときに、「五十ひちねん、ね。」とさりげなく訂正しているのが印象的でした。話題は、最近の若い人との知識のGapのはなしとか、馬桜さんが初めていった欧州旅行の顛末とか、5人会のこととか、いろいろでした。ああ、それから落語ファンクラブの噺家系図みたいのを見ながら、いろいろ噺家さんの話題をしてくれました。それらを軽いエド弁でしゃべってるのが、聴いていて耳に心地よい。そうそうそう言えば、正雀師匠かなにかが、ムリに奥さんを髪結いにしたところがあって、それは厩火事へのオマージュだったそうですが、誰も反応しなかったけどな、ともおっしゃってました。たしかに、私もあれ、と思いましたが、良く分からずにやり過ごしていましたが、そういうわけだったんですね。あっという間に2時間過ぎまして、私は、19:00~のRock Princessオフ会へ向かったのでした。

 Rock Princessオフ会は、私は数年ぶりでの参加で、どうかな、と思ったのですが、知ってる人ばかりで6人、少人数だったこともあり楽しかったです。まず、鷹&虎さんとひとしきり落語の話しをしまして、やっぱり鷹&虎さんはいいですよね、エド前な気持ちがあって。末広亭にはかなり通った口だそうです。一時会は、ドイツ飲み屋でがやがややったのですが、その後Bar jakeというお店でがっつりのみました。(と言っても私はしょっとグラス2杯)鷹&虎さんは、寝ながらからむし、HINEさんは相変わらず淡々と写真撮ってるし、FIXXXさんはガッツりメタル系だし、KENさんはやせてたけどあいかわらずナゾな感じ。ひろろさんは少し遅れて来ましたけれど、おとなしくて、ともすると一人だまって飲んでるみたいになってしまうのをなんとか食い止めてました。なんか、飲みを堪能しました。
 

|

« 国立演芸場9月中席(2010年) | トップページ | Todd Rundgren's Johnson (2010年10月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立演芸場9月中席(2010年) | トップページ | Todd Rundgren's Johnson (2010年10月) »