« 2012年6月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年9月

エネルギー ライブ@仙会能楽研修所

昨日エネルギーの独演会に行ってきました。
エネルギーは、関根勤のカンコンキンシアターにずっと出演していたので、知ってたんですが「う~~ん、ちょっとおもしろいんだけど、もう一皮むけるといいんだけど。。。」と言うコンビでした。ところが、一昨年のカンコンキンシアターで、初めてこの狂言師さんのコントを見て、あまりにもおかしくて、その年は、ついエネルギーの単独ライブを見に行ったほどでした。そのライブの時に、「カンコンキンをさんまさんが見に来てくれた日は、僕らのコントを披露できた日だったんだけど、一番面白かったで!と言ってもらったんですよ~~。その気になっちゃいました」と言ってましたし、その日も最後に披露した狂言師コントに大爆笑いたしました。
昨年のカンコンキンは、彼らのコントが出ない日だったらしく、昨年の記憶はありません。そして、今年、カンコンキンを見に行きましたら、エネルギーが狂言師さんの新ネタを披露したのです。やっぱり、いいなあ、このコント!またエネルギー見に行きたい!と、その日のびらに出ていた独演会に申し込みました。
そのころ、私が落語用に買っている「かわら版」にエネルギーの名前を見つけたのですが、国立演芸場まわりの花形演芸会で銀賞、、と書いてありまして、、あれ??あの人たち、評価されはじめたの?と思ってました。

といことで、いよいよ、昨日エネルギー独演会です。「独演会」ですよ。さすが、もはや芸人ですな。そして、会場が能楽堂です。入場してみると、研修所とは言え中はちゃんとした能舞台。しかも座席は列ごとに小さな段があって正座しなくてすむようになっています。しかも座布団が完備で、なかなか心地よい。われわれは整理番号56,7番だったのですが、正面の4列目くらいのまんなかあたりと、かなり完璧な席に座ることができました。

さあ、エネルギーの登場です。彼らは、橋掛かりからすり足で出てきますが、コントは舞台で行います。

演目は以下。

1.ご挨拶
 エネルギーと狂言の出会いから今回能楽堂で開催できる運びになった経緯までコントを交えて。
2.子供と狂言師①
 これが、我々がカンコンキンで2010年に始めてみた演目です。秀逸なのはだるまさんが転んだ、の狂言師。そこまででも平子の狂言しぐさが堂に入っているのはわかるのだが、このときの静から動への切り替わりと華麗な舞に感動する。
3.狂言師合コンへ行く
 こちらは、今年のカンコンキンで披露された演目。狂言師という一見古臭い職業でありながら、たしかに現代の女性は興味を持つであろう、というところをうまく拾った演目。まあ、このコントは、合コンへ行く前の二人の会話なんですけどね。
4.写真集撮影
 狂言師さんが「怒り」をあらわにするめづらしい演目。
5.狂言マック
 狂言師だけでは喰っていけないので、アルバイトしたいそうです、、というのがリアルな感じです。
6.子供と狂言師②
 おっと、、内容を忘れてしまいました。

そして準備の間の「へんな指輪」の幽霊コントを挟み

7.古典狂言「成り上がり」 野村万蔵さん共演
 これは、エネルギー二人とも、ちゃんとした狂言の衣装を身に付け、平子=シテ、森=太郎冠者、万蔵さん=泥棒という配役ですが、もう、森さんの緊張がハンパナイ状態だというのが、表情からがんがん伝わってきました。いえ、最初、平子さんがしゃべり始めたとき、このままコントになってしまいそうで、笑いそうになったのですが、それに答える森さんの声の張りと、緊張した面持ちで、一気にこちらの心持も真剣なものになりました。でも、森さんも声が良くでていて意外と良かったですよ。後で、どんなに練習が大変だったか語っていましたが、その甲斐あったと思います。

 いやあ、行ってよかった。能楽堂は、やはり日本の古来の発明で、舞台として使うにも見るにもいろいろ深いなあ、と思いました。声も良く響き、彼ら、生声でやっていたよね。
 そうそう、会場前で待っているとき、関根勤がひゃらっと入ってきました。Cap被って水色のスタジャンで、小柄な人でしたね~~。舞台は、正面最後列で、イワイガワのジョニーといっしょに見てました。

 そして、今朝のZip!出演。6:40ころ出て、1番のコントの縮小版をやってましたが、考えてみれば、マリちゃんもアナウンサーのなんとかさんも今回カンコンキンに出たので、そういう意味では、わりとリラックスできたのかも。そして、山口くんも見に行っていたらしく「見に行ったけどエネルギーが一番笑った!」と行ってましたので、山口くんも見に行ったんですね!

 エネルギー、がんばれ!!平子さん狂言うますぎ!

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2013年2月 »